その他

連載

ざっくりわかるニュースの要点(ツボ)、リノベーションと瑕疵保証、限られた内需喚起に期待、ストックに資金、人、政策の集中へ

 住宅・不動産業界は、歴史的に見て市場に潤沢に資金を流し込んで住宅供給先を作り出すことを重要視してきたが、金融緩和を後ろ盾にしたアベノミクスと20年東京オリンピックの開催を見据えた都市再生がからみ、緩和で溢れたマネーが市場に再び流れ込んでいる。大型の開発計画も相次ぎ、東京都心部の不動産価格はリーマン・ショック前のミニバブルに匹敵する値上がりを見せている。  だが、内需で成長してきた住宅・不動産業界 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日