その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(837)、ハウジングライター・藤原 利彦、住宅・不動産の広報効果度ランキング、三井不がトップ奪還、住宅は大和ハが積水ハ逆転

 デスクワン(大畑一裕社長)は、14年度広報効果度ランキングをまとめた。住宅メーカーの部1位に前年2位の大和ハウス工業、不動産の部も前年2位の三井不動産がトップの座を奪回した。広報活動の評価を数値化するのは難しいなか、デスクワンは新聞に掲載された記事に注目、記事スペースを広告換算して評価をしている。ランキングは産業紙、専門紙、雑誌、ネット関連の記事は除外、全国紙(読売、朝日、毎日、日経、産経の東京 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日