開発

その他

「新宿三井ビル」の、長周期の揺れ半減、三井不動産

 三井不動産が「新宿三井ビルディング」に設置を進めていた日本で初めての超大型制震装置TMD工事が完了した。長周期地震動による揺れ幅を最新鋭の超高層ビル並みに押さえ、オフィスワーカーの安心感を高める。  TMDは、超高層ビルの風揺れ対策として屋上に設置している振り子式の錘の技術を発展応用したもので、三井不動産と鹿島が実用化した。  新宿三井ビルにはTMD6基(計1800トン)とオイルダンパー48台を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日