その他

その他

住まいの主体性とは何か、住まいの冒険、住総研主体性のある住まいづくり実態調査委員会編著

 「住総研住まい読本」シリーズの5冊目。委員長・木下勇氏(千葉大学教授)をはじめ、1級建築士の宮前眞理子氏など各分野の専門家5人で構成した住まいづくり実態調査委員会。3年前からシンポジウムを行い、その成果をまとめた。  住むことや、暮らすことには、本来それぞれに自分流があり、個性的なものであった。しかし、高度消費社会の市場システムのもと、主体である住み手と、住まいの間には、代え難い個別的な関係を見 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日