不動産流通・売買・仲介

1面トップ

取扱件数、軒並み減少、2014年度仲介実績本紙調べ、前期好調の反動で一転も、価格は上昇、インフレ実感

 主な不動産流通各社の2014年度の売買仲介実績が出そろった。集計24社のうち21社の取扱件数が前の期に比べて軒並み減少して取扱高も13社が減らした。想定以上の好調に沸いた前期の反動による影響が大きく出たほか、中古住宅の個人間売買には消費税がかからない点を一般消費者に周知徹底し切れなかったのも響いた。しかし、取扱価格は16社が前期比で上回っており、資産インフレを目指す安倍政権の経済政策により不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日