行政

その他

国交省、中古流通で住み替え促進、住生活基本計画新築抑制の意見も

 住生活基本計画(全国計画)の見直しを進める国土交通省は22日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会を開き、主な論点と目標設定の方向性を検討した。  橋本公博住宅局長は「新聞報道などで新築住宅の供給抑制や空き家問題などが取り上げられる中、住宅政策は大きな転換点を迎えている。自由な議論を期待したい」とあいさつした。国交省は、個人資産への関与は難しい問題としながら、不良住宅への対応や良質な住宅を循環させる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日