その他

連載

過去問を制するものは宅建を制す、2015うかるぞ宅建士主要3分野過去問合格講座[基礎編]、債務不履行と、契約解除

 契約は、一旦成立したら、その内容にしたがって契約を履行しなければなりません。約束を果すということですが、契約を解除して“なかったこと”にすることも可能です。解除権を行使すると契約は解除され、契約の当事者は、原状回復を行わなければなりません。売買契約であれば、売主が代金を受け取っていれば、返還しなければならず、買主は品物を受領していれば、やはり返還しなければなりません。  解除権には、契約に際し併 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日