分譲, 不動産流通・売買・仲介

特集

【ワンルームマンション特集】首都圏ワンルームマンション市場の現状と見通し、物件価格上昇も原点回帰、寄稿 東京カンテイ市場調査部上席主任研究員 井出武

 ワンルームマンションは伝統的な実物投資先。相続税や海外個人投資家の対日投資先の矛先としても存在感が増すが、好立地で割安な収益物件を探すのが難しくなっている。ワンルーム市場の現状と今後について東京カンテイの井出武上席主任研究員に寄稿してもらった。  2013年以降急激に進んだ円安により、海外投資家の目には日本の投資向け不動産は2~3割安く映るようになった。  とりわけ東南アジアの投資家は日本の不動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日