その他

連載

不動産金融のチカラ(109)、澤田 考士、実物不動産への波及効果とその影響

 東証REIT指数は、2015年初頭には2000ポイントに近いその後若干調整され、足元では、おおむね1800ポイント台から1900ポイント台で推移している。2015年以降、現在までの期間において、比較的安定した上昇傾向を示してきたTOPIXと比べ、東証REIT指数の上昇は相対的に低水準であった。証券市場においては、J-REIT価格の上昇は沈静化し、安定推移しているのが最近の状況である。  一方、実 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日