開発

その他

決算、最高益を更新、森ビル

 森ビルの15年3月期は、賃貸事業が好調で営業利益、経常利益とも過去最高を更新した。期末のオフィスビル空室率は前年より1ポイント低い3%に低下。賃貸住宅や、ホテルなど施設営業も好調だった。虎ノ門ヒルズの分譲住宅が高収益だったものの、前期に比べ物件売却量が減少。虎ノ門ヒルズの工事収益減少なども影響して減収した。  16年3月期は、虎ノ門ヒルズの通期稼働効果によって営業増益を見込む。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日