開発

その他

『パークシティ大崎』が竣工、品川区の産業支援機能も

 三井不動産ら6社が参加組合員として参画する北品川五丁目第一種市街地再開発事業『パークシティ大崎』が、一部を除き竣工した。地権者による勉強会の発足から30年をかけて進めてきた東五反田地区再開発の集大成となる。  同地区は、1982年の「東京都長期計画」で大崎副都心に位置づけられ、93年に街づくり推進協議会が設立。地区全体の開発規模は29ヘクタールにわたり、すでに3事業が竣工済みとなっている。  今 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月25日