団体

その他

全宅連 伊藤博会長が会見、囲い込み喫緊の課題、重説IT不安、仲介両手禁止は反対

 全国宅地建物取引業協会連合会は6月に定時総会を終えたことを受けて、伊藤博会長が7月2日に専門紙と会見した。悲願だった宅建士の誕生によって全宅連としても業界の健全な発展とコンプライアンスの徹底、従業員教育の充実を推し進めて消費者の信頼に応えると改めて決意を示した。全宅連は不動産業界団体でいち早く独自教育システム「不動産キャリアパーソン」を導入ており、「全日ステップアップトレーニング」や、「不動産流 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月6日