その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(154)、筆界特定制度と筆界確定訴訟、ニーズは「私法上の境界」、隣人付き合いからADR活用を

 境界紛争の解決のための制度はいくつか設けられている。その一つが、06年に始まった筆界特定制度。  名前からすると、この制度を使えば境界標が設置され、争っている当事者間の境界が確定するように思われるかもしれない。ところが実際は、境界標は設置されず、争っている当事者間の境界が確定するわけでもないのだ。  なぜなら、筆界特定制度とは、さまざまな資料を調査して、すでに存在している「公法上の境界」を明示す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月6日