開発

その他

野村不動産ら、虎ノ門に23階複合ビル、国家戦略特区計画に認定

 野村不動産が事業協力者、日本土地建物、住友不動産らが地権者として参画する「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の国家戦略特別区域計画が6月30日に認定を受けた。  計画地は外堀通りと桜田通りが交差する虎ノ門交差点に面した約2800平方メートル。地上23階地下3階建てのオフィス・店舗・駐車場からなる約4万5800平方メートルの複合ビルを開発する。地下鉄銀座線虎ノ門駅のプラットホームを民間敷地内に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月6日