行政

その他

シニアの地方移住を促進、CCRC整備へ支援拡充、名称は「生涯活躍のまち」

 政府は、日本版CCRC構想有識者会議を開き、日本版CCRCの正式名称を「生涯活躍のまち」とし、愛称を「プラチナ・コミュニティ」に決めた。  元気で活力のあるアクティブシニアに地方への移住を促すため、新型交付金なども含めた制度を整備し、来年度にモデル事業を実施する。  地方創生の目玉として打ち出した日本版CCRCの意義として(1)高齢者の希望の実現(2)地方へのひとの流れの推進(3)東京圏の高齢化 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月13日