その他

連載

藤澤雅義のリアル賃貸管理、~成功と失敗例から学ぶ~、31、費用対効果高い空室対策、門扉や外構など第一印象を改善

 20平方メートルをきる狭いワンルームがなかなか決まらない。理由ははっきりしている。いわゆる3点ユニットのバスルーム、つまり「バス・トイレ一緒タイプ」だ。トイレを別にしてシャワーブースだけにしてみたりするのだが、コストがかかる。わが社の結論はこうだ。部屋の内部は諦める。そして、外構・外観・共用部をデザイン的にアレンジする。そのほうがコストパフォーマンスが高い。(藤澤雅義)  大半のお客さまは実際の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月13日