その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、78、相続財産評価と借家権、長期空室は控除できず

 マンションやアパートの賃貸部分については、相続税の財産評価上、借家権を控除することができるが、相続開始時点で空室であった場合には原則として借家権を控除できない。今回は、貸家の空室部分が一時的なものかどうかが争われた裁決事例(平成26年4月18日裁決)を紹介する。  国税庁の質疑応答では、以下の事実関係から課税時点において一時的に空室であったと認められる場合には、賃貸されていたものとして借家権を控 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月13日