その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(187)、コインパーキングでの接触事故、不完全燃焼感の残る全面請求棄却

【はじめに】  Xが、平成25年11月24日19時50分頃、自己所有の普通乗用自動車(トヨタマークX)をYが管理運営する無人のコインパーキングにバックで駐車しようとした。フラップ板が上がっていたため、リアバンパーとリアマフラーが接触して破損した。フラップ板が上がっていた原因は、機械部分に被っていたゴミによりセンサーが車両の入庫と誤感知したため。遅くとも入庫1日前の時点で、そのような状態だった。掲示 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月13日