不動産流通・売買・仲介

その他

商談中物件、店長の一元管理、三井不動産リアルティ、重説IT導入に“待った”、営業に「ユニット制」導入、山代裕彦社長が会見

 人口減少でマーケットが縮小に向かうに伴い不動産流通大手の存在感が従来になく高まっている。中古住宅の活性化に向けて国が後押ししているからだ。足元では売買市場での情報の透明性と公平な取引、重要事項説明のIT化など新旧入り交じった課題への対応が急務となっている。事業環境が転換期を迎えている中で業界トップの三井不動産リアルティは4月1日に三井不動産の関西支社長を社長に迎えた。就任3カ月を経たのを機に山代 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月20日