行政

その他

地域内で投資活性化、地方都市の不動産証券化専門家派遣などで後押し

 国土交通省は「第1回地方都市の不動産ファイナンスの環境整備のための検討委員会」を開いた。  地方での不動産ファイナンス活用は、大都市圏と比較して需要が乏しい。事業規模が小さく低収益であることが多く、証券化に必要なコストなどの固定費を賄う余裕がないことなどが課題となっている。地方の金融機関にとっても、地元に投資先が少なく、資金循環にいたらない現状もあることから、国交省には、不動産証券化手法の活用で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月20日