行政

その他

住宅配慮者事業、改正後初の募集、国交省

 国土交通省は10日、住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業の事業者募集を始めた。昨年まで実施していたセーフティネット整備推進事業に変更を加えた新制度で、公営住宅を補完するため、空き家を活用して低い家賃の賃貸住宅を供給するため、改修工事などを助成する。  従前の制度では3カ月空室が続いた後は誰でも入居できたものの、新制度では、入居対象者を一定収入以下の高齢者、障がい者、子育て世帯で住宅に困窮している ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月20日