賃貸管理

その他

内見数、3件割れ、部屋探し1割が「見学せず」、リクルート調べ

 リクルート住まいカンパニーは13日、2014年度「賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査」結果を発表した。部屋探しの際に見学した物件数は平均2.6件で、初めて平均が3件を下回った。0件(見学していない)は9.5%、1件は15.2%となっている。最も多かったのは3件(19%)だった。  全体では見学した物件数は約6割が3件以下だった。どの世帯構成でも平均見学物件数は3件以下となっている。  部屋探し時 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月20日