その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1050)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、基準価額の2.8倍で個人落札建物利用が前提で価値を評価、森下の築22年、鉄骨造3階建て

 競売物件における土地付建物は、建物がまだ老朽化していない場合、それをそのまま使用するか否かによって入札価格が大きく異なる。  7月9日開札で1番人気物件は、1階が事務所で2階、3階が住居である土地付建物であった。都営新宿線「森下」駅徒歩約2分に立地するこの物件、土地は南側で幅員6メートル、西側で幅員3メートル(2項道路)の各公道に面する整形地約16坪強で、建物は築22年の鉄骨造3階建て、延床面積 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月20日