賃貸管理, 資格・試験

その他

賃貸、空き家新資格、実施母体の特徴生かす、土地活用や税務知識など

 賃貸住宅経営・管理や空き家管理に関する新資格が相次ぎ新設されている。相続課税強化や国が空き家政策に本腰を入れ始めたことが背景にある。独自の新資格は認知度の低さや信頼性の不足が課題になることが多いが、実施母体の特徴や強みを生かして受験者を増やしている。取得者でネットワークを作り事業に結びつけることが狙いだ。  賃貸住宅経営者団体の東京共同住宅協会は4月、第1回「土地活用プランナー養成講座・試験」を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月27日