地域業者

その他

福岡市動物園を支援、三好不動産、耕うん機贈呈

 三好不動産(福岡市中央区、三好修社長)は14年に始めた「福岡市動物園の動物サポーター」を今年も継続する。同社シンボルキャラクターの象にちなみ、アジア象の「はな子」(雌、推定44歳)を支援する。  18日、はな子が踏み固める運動場の土を耕すための耕うん機などを動物園に贈呈した。贈呈式には子ども10人を招き、はな子の寝床へのバックヤードツアーを行った。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月27日