不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】東京区部、品薄で価格急上昇、中古マンション市場、都心部07年ピーク超え、投資マネー流入も二極化鮮明

 新築分譲マンションの供給が絞られ、景気の回復期待とオリンピックという大イベントを控えて湾岸エリアを中心に東京区部の中古マンションが注目を集めている。新築で得にくくなった好立地を物色するケースを見受けるなかで、品薄感は引き続き強く、これが価格の上昇を招いている。売り主と買い主の価格目線の違いは依然として縮まらずマッチング率の改善には今しばらく時間を要しそうだ。マーケットは実需目的の人が手を出しづら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月27日