不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】中古流通活性に向けた課題、情報と取引の透明性が鍵

 少子高齢化・人口減少でマーケットが縮小に向かうに伴い中古住宅流通促進の重要性が増している。新築供給から既存住宅の活用に向けた不動産流通システムの改革をめぐる動きも活発だ。最近は中古住宅を選択するケースも増えたものの、欧米のような中古住宅市場の厚みにはほど遠く、そこに向けた課題も多い。とりわけ売買市場での情報の透明性と公正な取り引きに対する信用力が今後の中古市場拡大の鍵を握っている。 ●瑕疵対応 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年7月27日