その他

連載

コラムで丸わかり、不動産の基本を学ぶ、不動産コンサルタント畑中学、18、市区町村役場の担当者は自分を写す鏡?、“尋ね方”で異なる回答、調査は「事実」「不動産への影響」を

 市区町村役場の担当者は自分を写す鏡と言える。その理由はどの部署のどの担当者でも、こちらの尋ね方によって返ってくる答えが大きく異なり、そしてその尋ね方は、自身の不動産調査の経験によって大きく変わってくるからだ。そのため、担当者は自分を写す鏡と言えるのだ。  不動産調査には(1)事実と、(2)事実が与える不動産への影響、という2つの成果が求められる。それは市区町村役場での調査に限らず、現地調査や売り ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月4日