行政

その他

物流施設で地域発展、国土審IC周辺の開発検討

 国土審議会・土地政策分科会企画部会は、社会資本のストック効果を最大化する土地利用として、高速道路のインターチェンジ(IC)周辺への企業誘致や開発ニーズを検討した。雇用を生み地域活性化に役立つ半面、人口減少下で開発地域を広げることへの懸念を示す意見も出た。  事務局を務める国土交通省は、ICが所在する163市町村へのアンケート結果を紹介した。IC開設に伴い開発を行った際の行政手続きは、農地転用(5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月11日