住宅金融機構・都市機構

その他

マンション適正管理で協定、住宅金融支援機構埼玉県の取組み支援

 住宅金融支援機構と埼玉県は3月28日、「老朽化マンション管理適正化支援先導事業に関する相互協力」に関する協定を締結した。同機構は、同県が2014年度に創設した「埼玉県分譲マンションアドバイザー制度」の資格要件となる講習会の実施やアドバイザー業務の支援などを行う。  講習会では、同機構が取り扱う「マンションすまい・る債」や「マンション共用部分リフォーム融資」などの活用方策やノウハウを伝える。そのほ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月11日