不動産証券化, 不動産投資・資産運用

その他

19年4月満期予定、小口投資を早期償還、マリオン

 不動産賃貸業のマリオン(東京都新宿区、福田敬司社長)は不動産特定共同事業法に基づく小口投資商品「マリオンボンド21号」「同22号」を早期償還した。  19年4月満期予定だったが、今年3月31日に事業を終了。出資金を償還するほか、満期まで受け取れる予定だった分配金も償還時に支払う。  対象不動産を売却する。12年5月に事業開始した21号・22号は予想分配率4.04%通りの分配を行い、元本も毀損して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月11日