開発

その他

物流施設関西1号に着工、野村不動産BCP強化、旗艦物件

 野村不動産は、高機能物流施設「仮称・Landport高槻」に着工した。シリーズ13棟目、関西圏では初めて。  計画地は、名神高速道路茨木ICから約9.3キロ、建設中の新名神・仮称高槻ICから約6.5キロ。関西圏での新規供給は湾岸部に集中しており、高槻市など内陸部は希少性が高く、今後の供給も限定的だという。  同社で過去最大規模のフラッグシップ案件。免震構造を採用した5階建て。1フロアー約4000 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月11日