団体

その他

全住協優良事業表彰、大型物件は減少傾向、内容はレベルアップ

 今年で6回目を迎えた優良事業表彰(全国住宅産業協会)は、中小デベロッパーの存在感や動向が明確になる機会だ。今回も、前回からの変化があった。  前回から新設したリノベーション部門は、前回同様に受賞なし。応募ゼロの前回とは異なり、オフィスビルや賃貸マンション、ホテルなどを改装・改修した3案件の応募があったものの、受賞には至らなかった。  「全体的には、改修前後の明確な変化を実感しづらかった。一方、面 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月18日