行政

その他

用途変更円滑に、運用基準を明示、国交省、自治体などに通知

 国土交通省は、建築物の用途変更の運用が特定行政庁ごとにばらつきがあることから、運用方法を整理した技術的助言を各都道府県と指定確認検査機関、地方整備局宛てに通知した。  事務所ビルを児童福祉施設などに用途変更する事例などが増えている。児童福祉施設や共同住宅、寄宿舎、倉庫など特殊建築物に用途変更する際に「100平方メートルを超えるもの」は確認申請が必要になる。この運用解釈が、特定行政庁ごとに異なって ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月25日