行政

その他

熊本地震、仮設住宅2900戸分確保、国交省建物被害は6県に拡大

 熊本地震は、震度7が同じ地域に2度続くという史上初の災害となった。最初の地震発生から1週間以上が経ち、被害状況が少しずつ明らかになってきた。  21日13時時点で住宅の建物被害は5223件で、内訳を見ると全壊は熊本県のみで1495件。半壊は熊本県のほか大分県3件、宮崎県1件を含む1381件だった。一部損壊は2347件で、熊本県2078件、福岡県226件、大分県24件、宮崎県13件、山口県3件、長 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月25日