不動産投資・資産運用

その他

投資エリアFocus、武蔵小杉、“人気化”も飽和感なし、投資適格物件、新築・中古が混在、渋谷-横浜へのアクセス評価、一棟アパート狙いの投資家を引きつける

 一般的なサラリーマンの不動産投資対象エリアとして「武蔵小杉」の人気が高まっている。沿線開発が進んだことで住みたい街として注目を集めているのが大きい。リクルート住まいカンパニーが調べた2016年版の「みんなが選んだ住みたい街ランキング」では自由が丘と並んで4位にランクイン。武蔵小杉は5年連続で順位を上げて初めてトップ10入りしている。  リクルートの調査では横浜と渋谷へのアクセスの良さに加え、引き ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年4月25日