ハウス・住設

その他

積水化学工業、つくばでVPP実証開始、家庭用蓄電池を連携

 積水化学工業住宅カンパニーは、バーチャルプラント(VPP、仮想発電所)の構築に向けたエネルギーマネジメントの実証実験を茨城県つくば市の分譲地「スマートハイムシティ研究学園」で10月に開始する。複数の家庭用蓄電池を制御し、ひとつの発電所のように機能させる。  同実証実験は、「スマートハイムシティ研究学園」の居住者(20棟)と東京電力パワーグリッドの協力によって、2018年9月まで実施する。  各家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月5日