ハウス・住設

その他

住友林業、低コスト耐火構造を開発、中大規模建築物に採用

 住友林業は、大臣認定を取得したオリジナル1時間耐火構造部材「木ぐるみCT」を中大規模木造建築物に活用する。  「木ぐるみCT」は、一般に柱や梁として流通している木材を耐火被覆に用いた新しいタイプの耐火構造部材。一般的名木造の耐火構造部材とは異なり、耐火被覆材が構造材として機能し、地震などで起こる建物の変形や揺れを抑える。一般流通材を耐火被覆材や構造要素として使うことで、既存の木仕上げの耐火構造部 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月5日