ハウス・住設

その他

17年ぶりに商品を一新、三井ホーム、木と石を随所に採用、年間販売は200棟目標

 三井ホームは7日、ロングセラー商品「Oakley(オークリー)」のファサード、インテリアを一新したNEW「Oakley」を発売した。石神井モデルハウス(東京都練馬区)はゴールデンウイークから先行発売を開始し、これまで4棟を受注した。年間販売は200棟を目指す。  NEW Oakleyの外観は、従来のOakleyで評価の高かった3連の木製窓や木製付梁などで構成するファサードのデザインはそのままに、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日