行政

その他

不動産鑑定、動産一体評価を導入、国交省年内に中間とりまとめ

 国土交通省は不動産鑑定評価制度の充実を図るため、有識者で構成する不動産鑑定評価制度懇談会(座長=山野目章夫・早稲田大学大学院教授)を設置し初会合を開いた。  国土審議会土地政策分科会企画部会が8月にまとめた「土地政策の新たな方向性2016」で、不動産鑑定士の質向上・活用促進と不動産鑑定評価制度の充実が盛り込まれたことに対応する。  鑑定士試験の合格者数は2006年以降横ばいが続いているものの、約 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日