住宅金融機構・都市機構

その他

都市再生機構ニュータウン事業用途フリーなど販売多様に

 都市再生機構(UR)は、ニュータウン事業撤退に向けて用地販売を促進するため、2015年2月に導入した建築用途フリー型募集で、15年に90件93ヘクタールを売却した。  住宅用地や業務用地など建築物の用途を定めずに事業者に売却する制度で、住宅メーカーなどから応募があった。定められた期限内に建設することが条件で、建築プランなどを不要とし手続きを大幅に簡素化した。  宅建業者があっせんした申込者が契約 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日