その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(206)相続対策で陥りやすいワナ(下)、アパート価値は収益価格、土地は資本、全体像の比較を

(前回のつづき)  相続対策とはいえ不動産賃貸業であるため、きちんとした収支計算が必要である。  まず土地5000万円に建物5000万円を建てたので投資総額は1億円となる。  1億円の投資に対する実質収入は400万円であることから、FCR(実質利回り)は4%となる。  もともと土地5000万円を所有していたので、土地は自己資本と捉えることができる。5000万円の自己資本に対するBTCF(税引き前年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日