その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(240)、テーマパークにおける賃料増額、訴訟では鑑定と理論武装が重要

【はじめに】  大阪市Xは、テーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの敷地の約40%(約20万平方メートル。以下、本件土地)を所有し、Y社と賃貸借契約を締結した。本件土地3、4は、平成11年4月1日から50年間の一般定期借地権を設定。本件土地1、2は平成19年6月1日から20年間の事業用借地権を設定。賃料は本件土地1、2は平成19年6月1日時点、本件土地3、4については平成18年4月1日 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日