不動産証券化

その他

日本エスコン、底地リートを組成、東証上場へ地域密着商業に主軸

 日本エスコンは6日、商業施設の底地を主な投資資産とする総合型リート「エスコンジャパンリート投資法人」を設立した。8月26日には資産運用会社「エスコンアセットマネジメント」(東京都千代田区、中村俊一社長)を設立。東京証券取引所上場を目指す。  住宅、商業開発、ホテル、商業施設運営管理、コンサルティングなど、多面的な事業展開を通じ培った企画力・リサーチ力を通じ、地域密着型の商業底地を主要な投資資産と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月12日