行政, 分譲, ハウス・住設

1面トップ

スマートウェルネス住宅、住まいで健康増進、官民とも普及に本腰

 断熱性、省エネ性、耐震性といった性能面で評価されることが多かった住宅の性能に、健康という新たな評価軸が加わった。以前問題になったシックハウスといった負の側面でなく、 積極的に快適で健康に暮らせるための取り組みが広がり始めた。実現する要素技術は住宅メーカーなどが開発を積極化しており、国はコンパクトシティと組み合わせた「スマートウェルネス住宅・シティ」の本格的な普及に着手。各社定義は異なるものの大手 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月19日