団体

その他

住宅金融普及協会八野行正会長に聞く、事業者との連携を強化、確認・審査で住宅の質向上

 今年創立65周年を迎えた住宅金融普及協会。消費者への情報提供、旧住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)とともに住宅の質向上などに取り組んできた。一般財団法人に移行後は、事業者との連携を強化している。八野行正会長は「必要な情報・知識を事業者に提供することは、住宅の質を底上げにつながる。一般消費者への情報提供と両輪として力を入れる」と話す。  --協会の役割を  「旧住宅金融公庫とともに住宅の質を高める ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月19日