不動産投資・資産運用

その他

収益物件販売が好調、フュージョン資産マネジメント都心特化で新顧客開拓

 桧家ホールディングス子会社のフュージョン資産マネジメント(東京都文京区、矢口真一社長)が、収益物件販売で好調に業績を伸ばしている。  同社は、資産の形成や活用、継承に関するワンストップソリューションサービスの提供を目的に設立。同子会社の桧家不動産ランデックス事業部で手掛ける戸建て賃貸とは異なるターゲットの開拓を図る。具体的には、土地を所有していなくても億単位の資産を保有していたり、土地を担保に借 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月19日