ハウス・住設

その他

旭化成ホームズ住宅総合技術所研究員林由紀子さんに聞く、新技術・製品を研究、中長期スパンで研究に取り組む、部材“変える”ことの難しさ

 生まれも育ちも静岡県で現在も旭化成の富士研究所で働く生粋の静岡好き。大学で化学を専攻し、旭化成に入社。当初はカシミロン工場の開発部門に所属し、アクリル繊維について研究した。その後、住宅システム・材料研究所、発光材料の研究などを行う研究開発センターを経て、2013年に旭化成ホームズに異動。昨年から建材開発チームのリーダーに抜擢された。  住宅総合技術研究所では、先端の研究、技術開発に取り組み、「ヘ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月19日