不動産証券化

その他

Jリート創設15周年、~不動産業界の挑戦~検証と展望、不動産証券化協会内藤伸浩・専務理事に聞く、運用資産の多様化で成長追求

 2001年9月10日に幕を開け、その翌日に米同時多発テロが発生し、混乱さなかの船出となったJリート。振り返ると、米サブプライムローン問題に端を発したリーマン・ショックによる世界金融危機が直撃し、東日本大震災に見舞われ、投資法人の淘汰とうた・再編も経験したが、上場投資法人はスタート時の2銘柄から56銘柄まで増えた。運用資産の規模も15兆円超に達しており、不動産市場で最大の買い手として存在感を示す。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月26日