不動産投資・資産運用

その他

阪急不と空き家活用、百戦錬磨家主に民泊を提案

 百戦錬磨(仙台市青葉区、上山康博社長)は16日、阪急不動産と業務提携して空き家の民泊活用をサポートする事業を始めた。阪急阪神沿線の空き家オーナーに提案する。百戦錬磨は4月に阪急電鉄を含む4社が共同出資したSI創業応援ファンド投資事業有限責任組合から資金調達を行っており、今回の事業は具体的な提携施策として実現した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月26日